雪降る季節に、、、。

novmfg.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 29日

今年もお世話になりました。

早いものであっというまに今年も終わり。
本当にいろいろとあった一年でした。
ブランド的にもいろんな意味で成長させて頂きました。

実際に生産に携わっている生産部のみなさん、

販売して頂いてるショップの方々、

設計のがくちゃん、

共に歩んでるライダーのみんな、

そしてこのボードを使ってくれてるみんな、

ほんとうにありがとうございました。
c0137158_8241370.jpg
c0137158_824380.jpg
c0137158_8234890.jpg

[PR]

by novmfg | 2011-12-29 08:24
2011年 12月 19日

ショーンのスタンスワイド

c0137158_9234038.jpg

先日行われたWINTER DEW TOUR - NIKE OPEN HP。
優勝はショーンホワイト。
高さのあるルーティーンでまだ余力を残しているような感じでした。
一つ気になったのはショーンのスタンスの広さ。パンツの細いシルエットを差し引いてもどう見ても他の選手よりスタンス幅が広い。一時期の広めのスタンス幅に比べると最近は少し狭いスタンス幅のライダーが多い。それでも数年前に比べると広めなのだが、、、。ぱっと見て広いな!と思うライダーは少なくなってきているように思う。
そして今回優勝のショーンのスタンス幅。以前見た公表値の58cmよりどう見ても広い。少なくても60cmはありそうだ。しかも圧倒的高さと安定感で優勝!他のライダーと明らかにスタイルが異なって見える。
一般的にはスタンス幅が広くなれば真下へ加重する力は弱くなる。ボードも踏みにくくなる。逆にいえばRから受けるGに対しても弱くなるため、しっかりした踏み込みと脚力がなければ、つぶされたりスピードロスの要素が多くなってしまう。メリット的には、ランディングの安定性、そしてスイングウェイトの軽さが挙げられる。このスイングウェイトに関しては細かくいえば始動時に特に優位性があると言えよう。もっと細かくいえばまだ他の要素もあるのだが、、、。
要するにメリット、デメリットの間でライダーそれぞれが考慮して、スタンスを決めているなかで、同じカテゴリーの中でのトータル的に優位なスタンス幅を選択している。ライダーの体格や脚力、得意なものをより伸ばすのか、弱点を補強するのか、いろんな要素が絡み合うためどれがベストは言えないが、、、。
プラス、ショーンのボードがこのスタンス幅でこのパフォーマンスが可能であることが実証されている。ショーンのポテンシャルが一般とはおよそ比較出来ないし、このボードが実際に売られているプロパーのフレックスのものかはわからないが、少なくともこの組み合わせが存在するというこだ。
ショーンのライディングを見る限り、フレックス自体はかなりかため。フレックスがあまりないことと、広めのスタンス幅により、ボードのたわみ量が少ないため、サイドカーブによってカーブする要素が多いと考えられる。たしかに公表スペックを見る限り7m台と確かに小さい円弧を採用している。つまりきついサイドカーブと広めのスタンス幅の組み合わせが一つの答えであるといえる。
ただ他の多くのライダーがそれほど広めのスタンス幅をとっていなかったので、これは本当に一つ答えというしかない。ただあまりにも違うスタンス幅とそのパフォーマンスにボードを開発する立場にあたり、衝撃を覚えた。
今後ショーンのスタイルを追従するものが現れるのか?
気になります。
[PR]

by novmfg | 2011-12-19 09:10
2011年 12月 16日

本当にがんばっているのに!

過去2度のオリンピックに出場し、今現在も世界を舞台に戦っている選手がNOVEMBERteamにいます。
本当にこのスポーツに真剣に取り組み、頑張っているライダー。
NOVEMBERsnowboardsのブランドコンセプト、『いつまでも楽しく、そして挑戦し続けていけるように、、、』その言葉のように滑り続けている。夢に向かって、挑戦し続けているのに、、、。
いろんな事情があるとは思いますが、、、。
ウチのライダーに対してというだけではなく、このような姿勢でいいのか?夢に向かって挑戦する多くの子供達もいます。このスノーボードをワイフワークとしている自分も悔しく、そして不安にも思います。
先日行われたU.Sグランプリでの出来事、、
山岡聡子ホームページからDialy→12/​11付 
USグランプリの衝撃→http://www.annexsc.jp/~soko/
[PR]

by novmfg | 2011-12-16 08:37
2011年 12月 09日

ボードテストイン湯ノ丸

やっと寒くなってきました。
今日からこっちも降る予報ですよ、雪が!
あいにくの雪不足の中、降雪機での安定した雪を提供してくれている湯ノ丸スキー場へテストに行ってきました!
天気は曇り空。まだ冬の身体になってないせいか、寒さが身にしみます。
本日はレディースボードのテストもあるので中村Pに参加頂きました。
さすがにレディースサイズのテストは厳しいですからね。
c0137158_8274290.jpg

本日はLIVER,ARTISTE,KAILA,ARTROCKERのテスト。少々変更点がありやすので、結構調整が必要な感じです。まだあいにくフラットなバーンしかないので現段階では基本的な滑走性能がベースのテストになります。ただこの序盤のテスト段階では性能の振れ幅も大きいので、スケーティングの段階ですでに良い悪いが出ちゃうんですよ。あっ!これはいいのでは!?んっこれはちょっと!?って思ったときは大体滑ってみてもその予想的な感じが出ちゃいますね。
c0137158_8351996.jpg

昨日は朝の滑り出しとリフト3、4本後ではすでに雪質が変わっているという目まぐるしくバーンコンディションが変わる一日でした。そんなときはもう一度乗り直したりするのでちょっとやっかいですね。でも逆を言えばいろんなコンディションを一度にテスト出来るいい機会でもあるんですけどね〜。
c0137158_8401736.jpg

修学旅行も始まっているんですよね〜。
c0137158_8412859.jpg

昼過ぎから濃い霧が、、、。
だんだんと寒くなる気温。
雪が降りそうです。
[PR]

by novmfg | 2011-12-09 08:42
2011年 12月 02日

最近目につく

仕事疲れに加え、滑り疲れ、、、。
残念ながら年を感じてしまうこのごろ、、、。
やけに目につくのが、エナジードリンク。
オロナミンCなどに代表される定番の小瓶のものに加え、最近ではレッドブルのような缶ジュース系のものがやけに目につくようになりました。量的に瓶のものが薬のようなイメージっていうか薬品扱いが多いですが、缶の方が量的に飲みごたえもあり、その分持続的に効くような気がします。(気がするだけかもしれませんが、、、)
あとはスタイル的なこともあるでしょうか、、。
缶のほうがスタイリッシュに感じるのは自分だけか、、。
とはいえジュースよりも当然割高なんで、その分効きそうですよね。
小缶で、150円ぐらい〜
ついつい手が伸びてしまいます。
c0137158_9264917.jpg

[PR]

by novmfg | 2011-12-02 09:27